ケアハウスの疑問、質問に

お答えします.

【入居退去】

ここでクリアー

Q01.ケアハウスって何ですか?

A01.「食事と安心の付いた集合住宅」です。建設費・運営費に公的補助が使われるため、比較的手軽な料金で利用できます。「軽費老人ホーム」とも呼ばれます。

Q02.どんな方が入居するんですか?
【その1】

A02.入居の対象となる方を「設置要綱」は以下のように定めています。

  • 利用者は、自炊ができない程度の身体機能の低下等が認められ、又は高齢等のため独立して生活するには不安が認められる人であって、家族による援助をうけることが困難なもの。
  • 利用者は、原則として60歳以上の人。
役所の文章では少々分かりにくいので、「あすなろ流」に易しく意訳したのが次の<Q03.>です。

ここでクリアー

Q03.どんな方が入居するんですか?
【その2】

A03.入居の対象となるのは、

  • 「今のところ自分のことは自分でできるが、一人暮らしを続けていくのは不安になってきた。」
  • 「自炊するのがむつかしくなった。」
  • そんな高齢者の皆さまと言っていいのではないでしょうか。

Q04.民間の有料老人ホームと、どこが違うんですか?

A04.一番の違いは利用料金です。Q1にいう公的補助金が入っているため、同程度のサービスなら利用者のご負担(利用料金)は、ケアハウスのほうが軽いといえます。

ここでクリアー

Q05.施設を見学したいのですが?

A05.いつでも見学していただけます。平日のほうがよりよい案内ができますが、日祝日でも見学は可能です。事前に連絡いただければ助かります。

ここでクリアー

Q06.夫婦で入居できますか?その場合どんな部屋になりますか?

A06.ご夫婦での入居も可能です。ただ、あすなろには夫婦部屋(二人部屋)がありませんから、個室(一人用)を2部屋お使いいただくようになります。

Q07.入居時にはどんな書類が必要ですか?

A07.申込み時に必要なのは、所定の

  • 「入居申込書」
だけです。その後、入居のための面接・入居契約の時には、以下の書類が必要になります。
  • 「健康診断書」
  • 「収入申告書」
  • 「前年の収入を証明する書類」
  • 「住民票」

ここでクリアー

Q08.いま住んでいる持ち家はどうすればいいですか?

A08.ご自分の家はとりあえずそのまま置いて、入居なさってはいかがですか。自宅とケアハウスを行き来しながら暮らす方も、珍しくありません。そうするうちにご自宅を処分なさる方もあります。

Q09ご飯を食べたかどうか思い出せなくなりました。退去でしょうか?

A09.一概には言えません。「ご飯はもう召し上がりましたよ。」と職員が言えば納得していただけるようなら、まだまだケアハウスで暮らせますし、「イヤ、食べてない!」と言い張る場面が頻繁になると、退去も含めて今後の対策を保証人(ご家族)様と相談させていただくようになります。

ここでクリアー

Q10ケアハウスを退去しなくてはならないのは、どんな状態になった時ですか?

A10.明確な線引きをするのは難しいのですが、以下のような状態が見られた場合、退去を検討することになります。

  • 入院後3ヶ月を経過しても復帰の見通しが立たない。
  • 施設外への徘徊が頻繁になった。
  • 自分の力で食堂まで来られなくなった。
  • 常時、排泄の介助が必要になった。
  • 職員の指示に従ってもらえなくなった。

ここでクリアー

ケアハウスの疑問、質問に

お答えします.

【生活全般】

Q11.居室にはどんな設備がありますか?

A11.

  • エアコン(冷暖房機)
  • IHヒーター(ミニキッチン内)
  • 洗濯機用防水パン(〃)
  • ユニットバス
  • 温水洗浄便座(トイレ)
  • ナースコール(居室)
  • 緊急通報装置(トイレ・浴室)
  • 電気温水器
  • インターネット接続(LAN)設備
  • 有料テレビ放送受信設備(個人契約)
  • 個人電話接続口

ここでクリアー

Q12.お仏壇を持ち込んでもいいですか?

A12.構いません。しかし、ロウソク・線香は火の不始末が怖いので、できれば電気のロウソク等にするようお勧めしています。

Q13.居室の中に洗濯機、冷蔵庫を置けますか?

A13.ミニキッチンの中に洗濯機用防水パンを設置しています。また冷蔵庫スペースも確保しています。洗濯は、2階にある共同利用洗濯機・乾燥機(百円硬貨で使用)でもできます。

ここでクリアー

Q14.部屋に手すりが欲しいんですが

A14.ご自分で手すりをつけても構いません。ただし、退居時には原状回復していただく必要があります。

Q15.食事の時間は?

A15.

  • 朝食:7:30〜8:30
  • 昼食:11:30〜12:30
  • 夕食:17:30〜18:30

ここでクリアー

Q16.共同浴場の入浴時間は決まっていますか?

A16.共同浴場は1箇所なので、曜日により男女交代で使用しています。

  • 月-土:午後3時-9時
    • 女性:月,水,金
    • 男性:火,木,土
  • (日)は午後1:30から8:00までの間を、時間帯で区切って男女が入浴。

Q17.外出・外泊の制限がありますか?

A17.外出・外泊は自由です。外出なさる時は、玄関に置いてある「外出記録ノート」に記入してお出かけください。外泊も同様ですが他に、外泊中の「食事変更届け」を出してください。

ここでクリアー

Q18.施設の行事には必ず参加しなくてはいけませんか?

A18.行事に参加する、しない、はご自由です。興味・関心のあるものにだけご参加ください。

Q19.福祉施設は生活が「管理」されると聞きましたが?

A19.ケアハウスは、食事や入浴時間等の決まりはありますが、それ以外は他人に迷惑をかけない限り、ご自由に過ごしていただけます。管理施設ではありません。

ここでクリアー

Q20.居室で酒、タバコ、をたしなむことはできますか?

A20.アルコールは度を越さない程度にしてください。タバコはなるべく喫煙所で吸うようにお願いしています。

ここでクリアー

Q21青魚を食べるとジンマシンが出るのですが、メニューの調整をしてもらえますか。?

A21.好き嫌いには対応できませんが、アレルギー等についてはできる限り対応します。ただ、完全な除去食などには対応出来ない場合もあります。

Q22外出、外泊などで食事を摂らなかった時はどうなりますか?

A22.事前に「食事変更届け」を出していただければ、翌月の利用料で清算(払戻)します。

ここでクリアー

Q23.ケアハウスに家族が泊まることはできますか?

A23.居室にご家族がお泊りになるのは一向に構いません。ご家族が複数でお越しになり居室に入りきれない場合は、2階の和室をお貸しすることもできます。実費で布団の貸出し、食事の提供もいたします。

Q24.どんな方が入居しておられますか?

A24.平成24年8月現在のデータを紹介します。

  • 入居者:27名
  • 女性22名、男性5名
  • 平均年齢80歳
  • 要介護1:8名
  • 要支援2:7名
  • 要支援1:1名
  • 東広島市内から:15名
  • 広島県内から:5名
  • 県外から入居:7名

ここでクリアー

Q25.施設への要望を述べる仕組みが、何かありますか?

A25.施設内に「ご意見箱」を設けて、入居者のご意見を承っています。また、毎月1回「意見交換会」を開催し、入居者の声を職員が直接聞いています。ご要望についてはその都度施設で検討し、書面の掲示で回答しています。

Q26.部屋の掃除や入浴の手伝いをしてもらえますか?

A26.部屋の掃除はご自分で行うようになります。難しい場合は介護保険のサービスを利用していただきます。入浴も、自力でできない場合は介護保険サービス(入浴介助など)を利用してもらっています。

ケアハウスの疑問、質問

できる事と

できない事

ここでクリアー

Q27.ひとりでは通院が不安です。付き添ってもらえますか?

A27.原則として通院の介助はできません。保証人(ご家族)様のご協力をお願いするか、介護タクシーによる通院介助をお勧めしています。

Q28.病気になったとき、ケアハウスではどのように対応していますか?

A28.例えば、風邪をひいて寝ている数日間食事を居室まで運ぶ、というような

  • 身の回りの簡単な援助
  • 一時的な援助
はいたしますが、医療行為に類すること、継続的な援助、は保証人(ご家族)様のご協力をお願いしています。

ここでクリアー

Q29.ケアハウスではどのような介護が受けられますか?

A29.ケアハウスは介護保険施設ではないので、介護サービスは提供できません。ただし、緊急時の対応はこの限りではありません。日常的な援助を必要とする場合は、介護保険のサービスをご利用ください。

Q30.居室で緊急事態が発生した時、どのように対応していますか?

A30.居間にはナースコール。トイレと浴室には緊急通報装置が取り付けてあります。これらを使って急を知らせてください。夜間であっても職員が部屋に駆けつけます。状況を判断して

  • 救急車の手配
  • 身元保証人やご家族への連絡
  • その他できる、範囲の応急措置
をいたします。

ここでクリアー

Q31.ケアハウスではどのようなサービスが提供されますか?

A31.主なサービスは以下のとおりです。

  • 高齢者の健康に配慮した食事の提供
  • 清潔な入浴環境の準備、提供
  • 緊急時の対応
  • 生活相談、助言
  • 入居者の自主的活動への協力、助言

ここでクリアー